かがみの孤城

小説

<あらすじ>学校での居場所をなくし、閉じこもっていた“こころ”の目の前で、ある日突然部屋の鏡が光り始めた。 輝く鏡をくぐり抜けた先にあったのは、城のような不思議な建物。 そこにはちょうど“こころ”と似た境遇の7人が集められていた―― なぜこの7人が、なぜこの場所に。 すべてが明らかになるとき、驚きとともに大きな感動に包まれる。 生きづらさを感じているすべての人に贈る物語。

<感想>2018年本屋大賞に選ばれた今作は最初、あらすじと設定から児童文学的なものを想像していてなかなか手につけていなかった。最初はやはりその印象が少しあったが、読み進めるにつれてそれぞれ悩みをもらったキャラクターや展開に先が気になり気がつけば最後は夜更かしして読むほど熱中していた。何より、一番はところどころに引っかかりを作ったミステリー的な要素と最後の風呂敷の畳み方が秀逸で全ての謎が解けた時には感動した。

⭐️5

コメント

タイトルとURLをコピーしました