スマホ脳

雑学

世界中で売れているこの本ですが、日本でもものすごい勢いで売れてます。タイトルからスマホって悪いんだな、って本かと思いましたが、そうではなくて、スマホを使っているとどういうことが起こるか、どうやって有効に使っていけばいいかを科学的に証拠を示しながら書いてくれてます。

報酬物質 ドーパミン

まず、なぜスマホを好んで見てしまうのか。

それはドーパミンの作用によるものだそうです。

ドーパミンとかいうと昇圧剤を思い起こしてしまうが、ドーパミンはもともと生存するために生物が作り出したホルモンで報酬物質とも言われているらしいです。周囲の環境を理解しようとするために自然は新しい情報を探そうとする本能を与え、新しいことを学ぶと脳はドーパミンを放出するようになりました。それだけでなく新しい環境や出来事といったニュースも欲しがる。新しい情報を得ると脳は報酬をもたらす。人間には新しいものを得たいという本能があるらしいです。そんななかでスマホは新しい情報の宝庫である。メールでもSNSでも同じだが脳の報酬システムが、祖先が新しい場所や環境を見つけたときと同じように作動します。

さらにドーパミンは「かもしれない」を好むらしい。報酬を得たときよりもその過程で報酬を得れるかもしれないときの方が増えるらしいでsy。これがSNSの「いいね」を得たいという本能に繋がっています。Facebookなどの企業はそれを十二分に理解して、行動科学や脳科学の専門家も雇っているようです。

集中力を削ぐスマホ

マルチタスクが得意だと思っている人は錯覚で、もともと人間はマルチタスクに苦手なようです。(マルチタスク出来る人も人口の1~2%いるらしいです)しかし、それをなんでやるのかというと、マルチタスクをすることによってドーパミンが出るからだそうです。そして、それを一番促すのはスマホで、スマホの存在があるだけでも集中力が削がれ記憶に結びつかないそうです。長期記憶をするには集中力が必要で、すぐにわからないことはスマホで調べようというやり方は全く身についてないようです。また、記憶する媒体も紙の方が長期記憶を促されることが分かっており、スマホなどに記録しておくとそれに記憶してあるから良いと頭が判断し長期記憶されにくいようです。

スマホによる睡眠障害

体内時計は松果体から分泌されるメラトニンがどれくらい分泌されているかで決まっている。(朝は少なく、夜に最大になる)光を浴びると分泌が抑制され、暗くなると分泌が促進される。       ブルーライトにもメラトニンの分泌を抑える作用があるらしい。眠る前にスマホを見るとメラトニンの分泌を2~3時間遅らせる。また、子供の睡眠時間を調べた結果ではスマホを寝室に置いているだけでも置いていた子供の方が一時間も短かったとされた。また同様に本を紙媒体ではなく、電子書籍で呼んだ場合には10分眠りにつくのが遅いとされたそうだ。解決法としては次のようです。

  1. スマホの電源を寝る一時間前までに切る
  2. スマホを寝室に持ち込まない
  3. 目覚まし時計はスマホを使わない

今の自分には難しそうです…

デジタル時代のアドバイス

しかし、スマホを全く使わないということはこれからのデジタル時代には考えられなく、使う際のアドバイスも助言してます。

  • 利用時間を限る。(メールをチェックする時間を限る。寝る前、起きるときは使わない)
  • 職場や食事中は手元に置かない
  • ストレスの兆候を見逃さない(スマホはうつ病の発症を促す可能性がある)
  • 運動をする(週に三回45分、できれば息が切れて汗をかくまで運動する)
  • SNSをするならスマホではなくパソコンからだけにする

終わりに

スマホによる弊害を色々書いてきましたが、作者はスマホを批判だけしているわけではありません。うまく共存すれば良い道具になると書いてます。非常に勉強になります。

コメント

タイトルとURLをコピーしました