OTC薬の乱用、依存

医療

OTC薬とは英語の「Over The Counter」の略で市販薬のことである。近年OTC薬の乱用、依存が問題になってきている。今回の学会誌「中毒研究」の特集がこれについてであったので本文から抜粋してまとめた。

OTC薬の特徴

違法薬物や処方薬に比べ、効果は弱く危険性は低いと考えられている。しかし、最大の特徴は「誰でもどこでも手に入る」ことである。OTC薬の乱用が問題になるのは鎮咳薬、感冒薬、鎮痛薬、鎮静・睡眠改善薬、カフェイン製剤などである。これらの多くは複数の依存物質を合有しており、各成分は微量であっても依存性が高くなる。過量内服が続けば依存が速やかに形成される。また、患者の問題意識が低く動機付けが困難であり、入手が簡単なことから依存症の治療は容易でない。

日本で乱用が報告されたOTC薬症例数(上位から順)

ブロン(鎮咳薬)、パブロン(感冒薬)、ウット(鎮静薬)、ナロン/ナロンエース(鎮痛薬)、イブ類(鎮痛薬)、ドリエル(睡眠改善薬)、バファリン(鎮痛薬)、コンダック(感冒薬)、トニン類(鎮咳薬)、セデス(鎮痛薬)、ベンザ(感冒薬)、レスタミン(抗アレルギー薬)、ロキソニン(鎮痛薬)、ルル(感冒薬)

上記のように乱用・依存が多いものとしては鎮咳薬、総合感冒薬、鎮痛薬、鎮静薬・睡眠改善薬、カフェイン製剤などである。(ブロン錠が圧倒的に多い)

OTC薬依存患者の特徴は覚醒剤や大麻に比べて女性の役割が多い。「気分障害」「神経症性障害、ストレス関連障害及び身体表現性障害」「成人の人格及び行動の障害」の併存例が多い。

(成瀬暢也(2021).OTC薬乱用・依存の現状と対応.中毒研究)

OTC薬の成分

OTC薬は複数の成分を合有していることが多い。OTC薬で問題になる主な成分は以下のとおりである。

成分依存性吸収(時間)血中濃度peak (時間)半減期(時間)分布容積(L/kg)蛋白結合率(%)中毒量致死量
1アセトアミノフェン41~20.8~125150mg(成人)、200mg/kg(小児)>500mg
2カフェインあり0.5~10.5~23~60.61361g5~10g
3クロルフェニラミン速やかに吸収2~614~245.9~11.77210mg/kg
4エフェドリンあり2.5~7.5>2g
5コデイン(表はリン酸コデイン)あり1.51.9~43.577~14
6デキストロメトルファンあり0.5~1で神経症状2.535~6.7
7サリチル酸0.52~4(中毒域では15~29)0.1~0.290>150mg/kg500mg/kg
8ジフェンヒドラミン速やかに吸収1~42~74.575~851g
9ブロモワレリル尿素あり2.50.35~0.486g30~50g

過量内服したときの症状

主な症状や障害
1肝機能障害(重篤な場合72~96時間がpeak)
2不整脈、頻脈、血圧低下、痙攣、嘔吐
3痙攣、抗コリン作用、QT延長症候群
4交感神経刺激作用
5モルヒネ用の作用(縮瞳、昏睡、呼吸停止)
6NMDA受容体遮断(幻覚、陶酔感、乖離など)セロトニン症候群、交感神経刺激作用
7好気代謝を阻害
8抗ヒスタミン作用、抗コリン作用(傾眠、痙攣、頻脈、散瞳)セロトニン再取り込み阻害(振戦、ミオクローヌス、筋強直、QT延長症候群)
9意識障害、呼吸抑制、肝障害、呼吸循環障害、中枢神経障害

(遠矢希、大谷典生(2021).臨床的特徴.中毒研究)

実際の臨床の印象

実際、ここに書かれている通り、OTC薬の内服は増えてきている。宇佐美らによると10代の薬物乱用が危険ドラッグは2014年の48%から2018年には0%になっているのに対して、OTC薬は0%から41.2%に増加していたようだ(宇佐美貴士、松本俊彦(2020).10代における乱用薬物の変遷と薬物関連精神障害患者の臨床的特徴.精神医学)実際の臨床でも同様の印象である。危険ドラッグが減った代わりに手に入れやすいOTC薬での急性薬物中毒は今後も増えてくるだろうと思われる。

コメント

タイトルとURLをコピーしました