メタバースと医療の結びつきについて

医療

仕事でメタバースを調べる機会があり調べてます。(調べてる最中です)

メタバースとは

メタバースとは、英語の「超(meta)」と「宇宙(universe)」を組み合わせた造語で、もともとは1992年にニール・スティーヴンスンが発表した小説「スノウ・クラッシュ」の中で言われたのが一番最初らしい。最近では、Facebookの共同創業者マーク・ザッカーバーグが、「Facebookはメタバース企業をめざす」といった趣旨の発言をして、注目を集めた言葉だ。映画で言うとイメージ的にはサマーウォーズ(竜とそばかすの姫もしかり)やレディプレイヤー1などが分かりやすいか。それらの映画の世界を想像しただけでも胸が高鳴る。

日本の参入企業で言うとソニー、任天堂、バンダイナムコHD、キャノンなどの大企業をはじめ中小企業もどんどん参入してきている。

メタバースのメリットとデメリット

メリット

仮想空間内で色々な活動ができる。一番は垣根を超えての経済効果を生むこと。

サマーウォーズを例で言うと、日本語で入力したのが英語に変換されたりしたりして外国人ともより多くの人が接することができるようになる。

デメリット

・ヘッドセットを装着しなければならない。

(ゲーム機「PlayStation」の生みの親はヘッドセットを「わずらわしいだけ」と切り捨て、Metaの上級幹部は自社のヘッドセットを「お粗末」と表現したらしい。)

・現在のところ複数のメタバースを行き来できない。

1つの大きなメタバースが存在し、その上でさまざまな企業がサービスを展開するというビジョンは、インターネット黎明期のユートピア的な理想を彷彿とさせる。しかし、当時のインターネットの開拓者たちはそろばんをはじき、投資に見合う利益が得られないと悟ると、この賭けから手を引いた。同じことがメタバースでも起きる可能性はある。

<参考>

・メタバースについて知っておきたいこと

いま話題の「メタバース」とは--知っておくべき5つのこと
Metaやマイクロソフトほか多くの企業が、インターネットの次の波を制そうと競い合っている。話題のメタバースについて、知っておくべきポイントを解説する。

医学とメタバース

木村 知史(日経BP)氏は「医療の分野でもおおいに活用される可能性があります。簡単に想像が付くのはオンライン診療での活用。オンライン診療は2018年度診療報酬改定で保険適用され、2020年4月にはコロナ特例で各種の制限が解除されましたが、なかなか普及にはいたっていません。アバター同士が交流すれば、患者側は自分の症状を的確に伝えられるでしょうし、また処置などに関してはアバターの体を使いながら正確な手順が教えられます。何といっても新しい技術ですから、年老いた人から見ると頭の活性化にもつながるかもしれません。メタバースが医療業界を変えていくのは間違いない」と語っている。

医療分野におけるメタバースの可能性
2021年も残りわずかです。今年、流行った言葉といえば、個人的には「メタバース」が思い浮かびます。Googleトレンドによれば、特に日本においてメタバースという言葉が注目されたのは10月末から。このため、残念ながら「新語・流行語大賞」には選ばれませんでしたが、多くの人が最近耳にした言葉ではないでしょうか。

・メタバースとヘルスケアが融合した時代が到来する。

メタバースとヘルスケアが融合した世界が到来する
本連載の第1回から第3回までは、これまでの約20年間の医療のデジタル化・オンライン化の取り組みにより、顕在化してきた市場領域について述べた。最終回となる今回は、仮想空間へと実用化が探索され始めた医療分野におけるメタバースの活用可能性を論じる。

・医療メタバースを受け入れ始めた外科医達

医療メタバースを受け入れ始めた外科医たち〜ロンドンで開催された医療テックイベント「Future Surgery Show」から
ロンドンで開催された Future Surgery Show では、外科医がコラボレーションと医療成果の向上のために、医療メタバースを慎重に取り入れつつあることが明らかになった。外科業界は、手術ロボットや拡張現実(AR)、患者モデルの改良など、さまざまな意味で最先端の技術を率先して取り入れてきた。その一方で、これらの技...

・メタバースで病院経営(日本経済新聞 2022/2/22)

IHHヘルスケアのグループ最高情報責任者(CIO)、ライナス・タム氏は「(複数の先進技術を組み合わせることで)医師らスタッフが既存の病院と同じように患者と関われる環境を構築できる」と指摘。「これからの医療サービスの変容を楽しみにしている」としつつも、デジタル技術は「現実世界の病院に取って代わるのではなく、補完するものだ」と話した。

「メタバースで病院運営」 東南アジア、遠隔医療の未来
東南アジアの大手病院グループで、仮想現実(VR)や拡張現実(AR)といった先進技術を遠隔医療に応用する機運が高まっている。患者らが治療のためインターネット上の仮想空間「メタバース」の病院に通う未来も遠くないかもしれない。新型コロナウイルス禍が長引くなか、マレーシアの大手病院グループ、IHHヘルスケアとインドネシアの同業...

医療的にアバターが関わって行える部門として最も考えられるのは精神科部門かと思われる。表に出ることができない人も、アバターを介することによってその障壁が下がると思われる。実際、kohekohe氏は精神科医師としてこの環境を用いて「メタバースクリニック」を運営している。

メタバースクリニック
メタバースで医師によるお悩み相談、座談会、自助グループ等を無料で開催。メタバースで始まる新しい「つながり」のカタチ
kohekohe|note
メタバースクリニック運営者|精神科専門医・産業医・元麻酔科専門医|株式会社comatsuna代表取締役|メタバースで医師によるお悩み相談、自助グループ、座談会等を開催するサービス

自分の意見としては「現実世界の病院に取って代わるのではなく、補完するものだ」と前述あるものが最も現実性が高いと思われる。ただ、遠隔医療と結びつきがしやすいし、医療過疎の地域などではすぐに映像などを見たりして伝えることができればかなり使い勝手はいいのではと考えられる。

コメント

タイトルとURLをコピーしました