小説

小説

かがみの孤城

2018年本屋大賞に選ばれた今作は最初、あらすじと設定から児童文学的なものを想像していてなかなか手につけていなかった。最初はやはりその印象が少しあったが、読み進めるにつれてそれぞれ悩みをもらったキャラクターや展開に先が気になり気がつけば最後は夜更かしして読むほど熱中していた。何より、一番はところどころに引っかかりを作ったミステリー的な要素と最後の風呂敷の畳み方が秀逸で全ての謎が解けた時には感動した。
小説

推し燃ゆ

今年の芥川受賞作品。「推し燃ゆ」読みました。 最初「何」が燃えているのかとタイトルから分かりませんでした。 社会に中々馴染めなく、家の中でも孤立してる高校生の女性が主人公です。 その唯一の支えは五人アイドルグループの中の...
タイトルとURLをコピーしました