『花束みたいな恋をした』がめっちゃ良かった件

未分類

にゃーのすけ、ずっと見たかった『花束みたいな恋をした』をやっと見たよ。坂元裕二さんの作品どれも好きだったからずっと気になってたんだ。

  • にゃーのすけ:どんな映画だにゃー。

公式ホームページからだと『東京・京王線の明大前駅で終電を逃したことから偶然に出会った 山音麦 (菅田将暉)と 八谷絹(有村架純)。好きな音楽や映画が嘘みたいに一緒で、あっという間に恋に落ちた麦と絹は、大学を卒業してフリーターをしながら同棲を始める。近所にお気に入りのパン屋を見つけて、拾った猫に二人で名前をつけて、渋谷パルコが閉店しても、スマスマが最終回を迎えても、日々の現状維持を目標に二人は就職活動を続けるが…。まばゆいほどの煌めきと、胸を締め付ける切なさに包まれた〈恋する月日のすべて〉を、唯一無二の言葉で紡ぐ忘れられない5年間。最高峰のスタッフとキャストが贈る、不滅のラブストーリー誕生! 

「東京ラブストーリー」(91)、「Mother」(10)、「最高の離婚」(13)、「Woman」(13)、「いつかこの恋を思い出してきっと泣いてしまう」(16)、「カルテット」(17)、「anone」(18)など、常に私たちの心を捉えて離さない多くの連続ドラマを手掛けてきた脚本家・坂元裕二が、2020年の東京を舞台に、今を生きるすべての人へ贈るため書き下ろした最新作。『東京タワー ~オカンとボクと、時々、オトン~』『舟を編む』などの製作陣が手掛ける本作、主役を演じるのは、菅田将暉と有村架純。二人の実力派俳優による〈初のダブル主演〉が実現しました。監督を担うのは、『罪の声』(20)の土井裕泰。『いま、会いにゆきます』(04)、『ハナミズキ』(10)、『映画 ビリギャル』(15)など多くの大ヒット映画を送り出して来た土井は、ドラマ「カルテット」で坂元裕二と組んで以来、映画では初タッグとなります。

https://hana-koi.jp:公式ホームページ)』ってなってるよ。

  • にゃーのすけ:どんな印象だったにゃー

どこか心がくすぐったくなって、いつかを思い出してしまう映画だった。有村架純さんの同じ脚本家の坂元裕二さんが書いた『いつかこの恋をきっと思い出してしまう』の雰囲気と似てるのでそれが好きな人は絶対好きなはず。あとは『モテキ』のようにゲーム、本、漫画などサブカルが実名を混ぜて沢山出てくるのでそれが好きな人は絶対好きなはず。王道のラブストーリーに菅田将暉、有村架純が絵になるのでそりゃ人気になるなっていう感じだった。

  • にゃーのすけ:成程。たしか主題歌も売れたにゃ?

主題歌ではないんだけど、劇中に登場するAwsome City Clubが映画のインスパイアソングとして作った『勿忘』がスマッシュヒットしたんだよね。前年フジロックで見て売れるかなとは思っていたけど、まさかこんなところでスマッシュヒットするとは思わなかった。映画制作スタッフがミュージックビデおを作ってるから映画を見てから、このミュージックビデオを見て、この歌を聞くと印象が違うと思う。

最後に『3回遊んで何もなかったら、ただの友達になる』って話はほんとだと思った。けど、若い時のこの告白するのが難しい感じが最初の方すごいうまく伝わってくる映画だった。

今までの作品を思い出しても坂元裕二さんは付き合うまでの過程、上手くいっているときの過程、離れていく時の過程を描くのがとても上手い作家んだと思った。そして、自分が改めて坂元裕二さんの作品が好きなことが分かった。

  • にゃーのすけ:そうなのかにゃー!みーちゃんに会うときは気をつけるにゃー!

コメント

タイトルとURLをコピーしました